2010年05月28日

明日発売

事務所がサブい・・・春なのに・・・

明日発売のお品。


honeyBee WAREHOUSE
「マルイGLOCKシリーズ対応 Trijicon GL01モデル F&R NightSight Set」























(実物参考画像)

とりじこん。

ひらがな書きをするとなんだか、おでんの具みたいだな。























実物のトリジコンサイトを分解すると、こんな感じになってマス。
なにゆえ、こんなややこしい3層構造になってるのか?
それは、このサイトの肝であるトリチウムから放射能が漏れちゃうから。
「そんなにしたら、溢れちゃうんだから~♪」←書きたかっただけ(--)v
だから、トリチウム部を厳重に封入してあるのだよ、お嬢ちゃん。

明日、みつばち商店からリリースされますモノは、溢れちゃいません。
しかーし!
実物と可能な限り構造を同じくするべく、蓄光ファイバーをトリチウムの代わりに使用し、
無意味にガラスキャップでもってアルミチューブに圧入し、気分を盛り上げております(笑
これからの季節、夜の野外プレイにどうですか? 光るぜicon12



honeyBee WAREHOUSE
「Daniel Defenseモデル QDスイベル アタッチメントポイント」

































説明なし!ご覧の通りのモノです。
リアルな刻印 with スリングスイベル です。
ひとつ解説すると、従来のスイベルマウントは装着時に穴の中でクルクル回転して、
気づいたら、スリングがネジれていたりしますが、
Daniel Defense社のスリングスイベルマウントには、
QDスイベルの回転防止機構が備わっており、
スイベルをマウントに装着している間、スイベルが一定以上回転しないようになっています。
みつばち商店よりリリースしますモノもこの回転防止機能をマウントに持たせてあります。

























でわ、アディダス!!





  

Posted by honeyBee WAREHOUSE  at 19:03Comments(0)honeyBee WAREHOUSE

2010年05月25日

Daniel Defenseモデル

おはようございます、みつばち隊員2号です。
今朝は、「意外と選択肢の少なかった」パーツ、の巻。

ハンドガードレールに着けるQDスリングスイベルマウントって、何が思いつきますか?
私が最初に頭に浮かぶのは、G&P製のナイツタイプのモノ(GP-197)です。

最新のM4対応RASには、ハンドガードの基部などにQDスリングスイベルマウントが、
一体型で備わっているモノもチラホラ見ますし、
それらのレプリカも比較的容易に入手可能になってきておりますが、
それでもなお、別途マウントを装着しなければならないモデルの方が遥かに多いですし、
エアガン主要メーカー純正品には装着必須であることは変わりありませんネ。

カスタムパーツの中でも、かなり基本的な部類であるはずなのに、
入手が容易なモデルの選択肢が少なく感じた事ないですか?

え"!?
ない?あるよね?うん、うん、ある、ある、あるよね~♪
無いと、記事が続行不可になるので、「ある」ことを強要させて頂きます(笑

honeyBee WAREHOUSE
「Daniel Defenseモデル QDスイベル アタッチメントポイント」
























えー、説明イランか?要らないよねー?
ご覧の通りのモノです(--)

ひとつ説明するとすると、実物ダニエル印のスイベルマウンが他のモデルと異なるのは、
「回転防止機能」がマウントのスイベルの収まる穴に備わっていることです。
従来のQDスイベルマウントは、QDスイベルがマウントの穴に収まっている時、
穴の中で360°クルクル回転するでしょう?
ダニエル印のスイベルマウントは、穴の内側のQDスイベルのベアリングが引っかかる溝が、
4箇所意図的に途切れて彫られており、ある一定以上にQDスイベルが回転しないように
デザインされていて、装着時にスリングがネジれたり絡まったりしないようになっています。
今回、みつばち印で製作したものも、実物と同様の回転防止の構造を持たせてあります。


装着例







































んじゃ、またー♪


  

Posted by honeyBee WAREHOUSE  at 12:40Comments(0)honeyBee WAREHOUSE

2010年05月24日

続・次世代M4レシーバー

こんばんわ、みつばち隊員2号です。
今夜は、オチャラケ虫を握りギュと握り潰して、前フリなし!でスタート♪


BumBleBee HARDWARE
次世代電動ガンM4シリーズ Professional Custom Receivers
COLT DEFENSE 刻印






















































できたv(ToT)v
やっと、リリースの目処が立った、クララが立った、ペータもタった♪


航空機グレードアルミニウムの塊をCNC工程により削り出しで製作。
単に純正品を模したのではなく、純正品では強度不足・精度不足が指摘されている部位を
オリジナル設計にて補完しております。

各部の刻印は、実物通りに全て彫刻にて再現。
勿論、トップレールには、Picatinny1913(ピカティニー1913)ミルスペック・レールを装備。
さらに、実銃のレシーバーと同様のHard Anodized(硬質アルマイト)表面処理を施し、
高硬質皮膜をレシーバー全体に形成しています。

★構成パーツ★
●航空機グレード アルミニウム製 Upper&Lower フレーム
●スチール製 カスタム・ボルトストップ 
●脱落防止機能付き フロントフレームロック・ピン
●スチール製 エンドプレート(回転防止機能付き)&パイプリング
●スチール製 カスタム・バレルベース

カスタム・ボルトストップ
C-ピン(割ピン)を用いて、ロアフレームに固定するデザイン
>>MagpulのB.A.D.等のマガジンエクステンションレバーを装着しても無理なく可動します

カスタム・バレルベース
アウターバレルをフレームに対して常に垂直に保持する新規デザイン(スチール削り出し)

※トリガーガードやダストカバー等は純正部品や準拠のカスタムパーツを組み込んでください。
また、ボルトストップ以外のパーツは純正部品と置き換え可能なデザインになっています。


数量限定生産ダァ( ̄▽ ̄)
来月リリースです♪

  

Posted by honeyBee WAREHOUSE  at 23:29Comments(8)BumBleBee HARDWARE

2010年05月15日

次世代M4レシーバー

また冬に逆戻りしたような寒さですなorz
冬眠しなおそうかな・・・ミツバチ隊員2号です。
真夜中に、こんばんわ、おはよう♪

今回は、新ブランドスタートのお知らせです。
ヨロシクどうぞー♪

BumBleBee HARDWARE

























なんか、きんちょーしてきた(ToT)
うまく紹介できるだろうか・・・

BumBleBee HARDWARE(バンブルビー ハードウェア)は、既にご愛顧いただき、
同時にご迷惑をおかけしております(笑)hoenyBee WAREHOUSEの姉妹ブランドとして、
来月6月より出発いたします。

より高い品質管理の下、初心者からヘビィユーザーまで楽しんで頂ける製品作りを基本として
「プロ仕様のツール」をコンセプトに、アイテムをリリースして参りたいと思っております。

と、まぁ、堅苦しい紹介は性に合わないというか、もう限界なので、
「んで、何出すねん、一発目に?」の方へ参りましょう。


次世代電動ガンM4シリーズ対応 カスタムレシーバー を、BumBleBee HARDWAREのデビュー作として、ただ今、魂注ぎ込み製作中です。

くわしい情報は順次、ご報告していきます。
乞うご期待♪

今後は、honeyBeeに加えましてBumBleBeeも合わせて、
Beeファミリーとして、どちらも可愛がってくださいますようヨロシクお願いしますm(_ _)m




  

Posted by honeyBee WAREHOUSE  at 01:24Comments(12)BumBleBee HARDWARE

2010年05月11日

みつばち商店、この先の事

こんばんわ、honeyBeeです。

春が来た。
この先、1ヶ月以内にリリース予定の新商品を一挙ご紹介っ!
と、リキんでみるが、実はコマめな更新が億劫になってきた、オーバー30の春icon01

いつも通り、てきとーな内容でお許しいただきたく存じます。

でわ、勝手に参りましょう♪

honeyBee WAREHOUSE
「マルイGLOCKシリーズ対応 Trijicon GL01モデル F&R Night Sight Set」


(画像は実物より)

ご存知、とりじこん。フロント&リアサイトセットです。
鋼鉄を削り出した堅牢ボデーの各部にリアルな刻印を彫り込み、
そして、ドット部分の重層構造までも忠実に再現。
もちろん、蓄光して光ります(放射能の出ない、人と地球にやさしい蓄光素材を採用♪)
マルイのGLOCKシリーズおよび対応カスタムスライドにポンッと付きます。
(26アドバンスはフロントサイトの穴がなかったはずなので、自分で穴を掘ってください)

次。


honeyBee WAREHOUSE
「Sixell Innovationsモデル Never Quit Grip(ネバークィットグリップ)」



どの部分やねん!?
でわ、別画像で。



もすこし、拡大。



ロア・レシーバーのマグウェル部分に付いてるゴムのヤツです。
マグウェル部分を利用してグリッッピングをしやすくする、ちょこっとアイテム。
1&2枚目の画像をご覧になってお分かりのように、M4のお手軽スタイルアップにも丁度エエ♪
ご覧のBK以外に、OG(OliveGreen)DEの3色展開です。


次。


honeyBee WAREHOUSE
「Noveske N4モデル Free Float RAS」



先日、10.0"カットオフと12.658"が無事発売になりました。
5番目のモデルとして、上の画像のヤツを製作虫♪
ノベ助上級者なら、既にリリースされているものと、どこが違うかお分かりでしょう?
と、言って解説を逃れるわたくし。商品名も未だ決めてないし(笑)




パトラッシュ、疲れたろう…
僕も疲れたんだ…なんだかとても眠いんだ…パトラッシュ…
今日は、3個もアイテムが紹介できて、僕はとても満足してるんだ…本当だよ、パトラッシュ…




でわ、アディダス!!

次回予告「次世代補完計画:メインフレームの行方」


あぁ、また読者へりそうだな…




  

Posted by honeyBee WAREHOUSE  at 01:29Comments(0)みつばち瓦版