スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2010年12月21日

次世代レシーバー、遂に!

ドドスコスコスコ、ドドスコスコスコ、ドドスコスコスコ、ラブちゅうにゅうicon06

最近、無性に楽しんごでクネクネやりたくなる、みつばち2号です。

ということで(どういうことか知らないけど)、今夜もいってみよー♪


BumBleBee HARDWARE
次世代電動ガンM4シリーズ Professional Custom Receiver
COLT DEFENSE 刻印




やっと出た(ToT)/




発売予告より、すでに半年・・・

嘘つきだロクデナシだと罵られ、
ミリブロの検索件数欲しさのデマだと陰口を叩かれ、
短小♂だと昔のあの娘に蔑まれ(カンケーねェな)、
社内では穀潰しと窓際へと追いやられ、
国会では不採算事業だと蓮舫に仕分けされ、

・・・・・・
・・・・
・・・
数々の辛酸を舐めくり回し、苦労の渋みが分かりかけたきた今日この頃。
違いの分かる某CM「ダバダ~♪ダバダ~ダバダ~ダダバダ~ダ~♪ダ~バ~ダァ~~♪」の
コーヒーの渋みも分かるくらい(<<古いナ・・・)、苦渋を味わいました。



出るのです(ToT)/
次世代電動ガンM4のレシーバーが、出るのです!


感極まりすぎて無駄口を重ね、今日も商品説明が不足気味のいつも通りの記事ですが(笑)
昨日(12/20)、確かにこの手で梱包して全国のみつばち製品お取扱ショップに、
レシーバー達が旅立っていきました。

そして、2010年もレシーバーの数も残すところあと僅か!
限定生産なので、欲しい方はお急ぎを♪


それでは、皆さま良いお年を~、メリクリ~icon12
  

Posted by honeyBee WAREHOUSE  at 00:44Comments(3)BumBleBee HARDWARE

2010年12月09日

あ、Noveskeが・・・

こんばんわ~、みつばち2号です。

師走ということで、とりあえず走り回っています=3
特に忙しくはないのだけれど・・・

そんなこんなで、いつも通りスローライフを満喫していたら、
大切な新ブランドの新製品の紹介を忘れていました。

BumBleBee HARDWARE
次世代電動ガンM4シリーズ専用 NOVESKEスタイル QD エンドプレート



説明は特に要りませんね?























既にSTD電動ガンM4対応モデルとWAM4対応モデルがhoneyBeeより発売中ですが、
次世代電動ガン対応モデルが、新ブランドBumBleBee(バンブルビー)から新発売♪
QDスリングスイベル付です。


と、いうか既に店頭に並んでます(笑)
コレでもA型のみつばち2号ですm(_ _)m



「こら、みつばち。
マルイ純正はコルトだし、
いつ出るか分からないテメェんとこのカスタムレシーバーもコルトだし、
エンドプレートだけ、豚仕様で出してどうすんの!?」

とか、言われそうですけど、
「むははははっはははーッ♪」
と、意味深かつ無責任な高笑いをしておきましょう^0^

んじゃ、またー♪

  

Posted by honeyBee WAREHOUSE  at 02:04Comments(0)BumBleBee HARDWARE

2010年12月04日

次世代M4専用「真・月鋼」

こんばんわ、みつばち2号隊員です。

今年もサブい季節がやって参りました。
冬眠前に新ブランドの新アイテムのご紹介♪

BumBleBee HARDWARE
「真・月鋼(しん・げっこう)
次世代電動ガンM4シリーズ コンプリート バレルベース」






















Recce Rifleも発売され、まだまだ人気の衰えない次世代電動ガンM4シリーズですが、
これまで次世代ユーザーの悩みの種であったのが、
「アウターバレルがレシーバーに対して垂直水平に保持されない・・・」コト。

お持ちの方には周知の通り、マルイ次世代電動ガンは従来の電動ガンと異なる方法で、
アウターバレルを取付・保持します。
その際、鍵となるのは「バレルベース」と呼ばれる「C」型の金属パーツ(純正品NGM4-9)。
このパーツ無しでは、フロント部の骨格となるアウターバレルを取り付けできません。
ところが、
マルイ純正パーツは半分が大きく開いたC型である為、バレルナットを締め込んでいくと、
締め込み圧がバレルベースに均一にかからず、その結果、アウターバレルをはじめとして、
フロントセクション全体が右側に傾いてしまうという問題が頻発します。















































本製品の設計図の一部ですが、
「アウターバレルをはじめとするフロントセクション全体をレシーバーに対して垂直に保持する」
という、このパーツの最大の目的を100%達成する為に一切の妥協を許さず、
0.1mm単位で製品の各部分がデザインされています。
スチール製/CNC加工で強度と精度をお約束します♪

バレルベースの周は、配線コードのスペースを残しながらバレルナットの閉め込み圧のムラを
完全に排除するに必要十分に延長されたデザインとなっています。
また、2ピース構造にすることによってアウターバレルを挟み込むようにして固定し、
精確に保持できるようにしています。
アッパーベースは「真・月鋼1号」、ロアベースは「真・月鋼2号」と名付けました(笑)


そして、この製品のもうひとつのミソ。
スペーサーリングの「影」です。























純正品以外のバレルナット(実物を含む)を使用する時に「1号」「2号」のベースとともに、
このスペーサー「影」を併用すると、「ガタ」が解消されます。
なぜ、「ガタ」つくかというと、純正品とそれ以外のバレルナットを比べてみると分かりますよ。


「真・月鋼」取り付け図】

























組み込んでしまえば見えなくなってしまう部分ですが、
命中精度にもモロに影響する大切な部分ですので
妥協は禁物デス!


コレさえあれば、どんなフロントキットも精確に保持できますヨ。

次世代電動を愛する皆様に是非、手にとって実感していただきたい一品です。

来週発売デス~

でわまた♪

  

Posted by honeyBee WAREHOUSE  at 23:03Comments(0)BumBleBee HARDWARE